にんにくで疲労回復!

「にんにく」は『疲労回復』に効果がある、というのは、多くの人が知っていることですよね。「にんにく」を使ったレシピはスタミナ料理と呼ばれることもあるほど、疲れた体を元気にしてくれます。それを体が知っているのか、疲れた時になぜだか「にんにく」が食べたくなる、という人もいます。「にんにく」の『疲労回復』効果の秘密は、ビタミンB1。ビタミンB1を初めとするビタミンB群はエネルギー代謝に必要な栄養素です。ビタミンB群が不足するとエネルギーの代謝がうまくいかなくなり、結果、エネルギー不足に。体を動かすエネルギーが足りなくなるから、体が疲れてしまうんですね。特にビタミンB1はエネルギー代謝に重要とされています。「にんにく」ビタミンB1が含まれていますが、ビタミンB1は単体では吸収されにくく、本来の力を発揮するには「アリシン」が必要なのです。「にんにく」のすごいところは、刻んだりおろしたりすると、このアリシンがたくさん出てくるところ。「にんにく」はビタミンB1とアリシンを同時に摂れる、『疲労回復』の優等生なんです。「にんにく」だけを食べるよりも、ビタミンB1豊富な食材と組み合わせて取り入れたほうが『疲労回復』効果は大。豚肉と「にんにく」の組み合わせは栄養面でも、味の面でも最強のコンビです。中華風の炒め物にしたり、とんかつ肉におろし「にんにく」を塗ってから揚げたり、アイデア次第で『疲労回復』レシピは無限大。火を通せば「にんにく」の刺激は抑えられますから、胃腸が弱い人でも大丈夫ですよ。ホスピピュア

ダイエットに使用されるプロテイン

「プロテインダイエット」ということばでおなじみのプロテインは、よく聞く言葉ではありますが、どういうものなのでしょうか。ダイエットのために使われるプロテインですが、それはたんぱく質の含まれる量によって、2種類に分類されます。ひとつはスポーツ選手が筋肉の量を増加させたいときなどに使うもので、たんぱく質が80パーセント以上あるものです。もうひとつは、たんぱく質の含有量がそこまで高くはないプロテインです。たんぱく質が少ない代わりに、ビタミンやカルシウム、鉄分などの様々な栄養素がバランスもよく配合されているものです。「プロテインダイエット」として利用するときには、たんぱく質の量は少なくて、いろいろな栄養素が含まれている方のプロテインがいいでしょう。プロテインには、大豆が原料である大豆プロテインや、卵白を原料とするエッグプロテイン、そして牛乳から脂肪とガゼインが取り除かれたホエイプロテインなどがあります。ホエイプロテインは粉状で溶けやすいのが特徴で、味もよくて消化吸収も早いことが長所ですが、アミノ酸が比較的少ないため牛乳でお腹をこわすような人には向いていないでしょう。大豆プロテインは低カロリーで値段も安いのですが、消化吸収が遅いというデメリットがあります。エッグプロテインは脂質が少なくて消化吸収も比較的早いのですが、卵の塩分からしょっぱさを感じます。このようなプロテインの特徴を頭に入れておくと、「プロテインダイエット」を行う場合に便利です。また目的や運動量、そして自分の体質などに合ったプロテインを使うことで、「プロテインダイエット」の効果をあげることができるでしょう。