ダイエットに使用されるプロテイン

「プロテインダイエット」ということばでおなじみのプロテインは、よく聞く言葉ではありますが、どういうものなのでしょうか。ダイエットのために使われるプロテインですが、それはたんぱく質の含まれる量によって、2種類に分類されます。ひとつはスポーツ選手が筋肉の量を増加させたいときなどに使うもので、たんぱく質が80パーセント以上あるものです。もうひとつは、たんぱく質の含有量がそこまで高くはないプロテインです。たんぱく質が少ない代わりに、ビタミンやカルシウム、鉄分などの様々な栄養素がバランスもよく配合されているものです。「プロテインダイエット」として利用するときには、たんぱく質の量は少なくて、いろいろな栄養素が含まれている方のプロテインがいいでしょう。プロテインには、大豆が原料である大豆プロテインや、卵白を原料とするエッグプロテイン、そして牛乳から脂肪とガゼインが取り除かれたホエイプロテインなどがあります。ホエイプロテインは粉状で溶けやすいのが特徴で、味もよくて消化吸収も早いことが長所ですが、アミノ酸が比較的少ないため牛乳でお腹をこわすような人には向いていないでしょう。大豆プロテインは低カロリーで値段も安いのですが、消化吸収が遅いというデメリットがあります。エッグプロテインは脂質が少なくて消化吸収も比較的早いのですが、卵の塩分からしょっぱさを感じます。このようなプロテインの特徴を頭に入れておくと、「プロテインダイエット」を行う場合に便利です。また目的や運動量、そして自分の体質などに合ったプロテインを使うことで、「プロテインダイエット」の効果をあげることができるでしょう。