にんにくで疲労回復!

「にんにく」は『疲労回復』に効果がある、というのは、多くの人が知っていることですよね。「にんにく」を使ったレシピはスタミナ料理と呼ばれることもあるほど、疲れた体を元気にしてくれます。それを体が知っているのか、疲れた時になぜだか「にんにく」が食べたくなる、という人もいます。「にんにく」の『疲労回復』効果の秘密は、ビタミンB1。ビタミンB1を初めとするビタミンB群はエネルギー代謝に必要な栄養素です。ビタミンB群が不足するとエネルギーの代謝がうまくいかなくなり、結果、エネルギー不足に。体を動かすエネルギーが足りなくなるから、体が疲れてしまうんですね。特にビタミンB1はエネルギー代謝に重要とされています。「にんにく」ビタミンB1が含まれていますが、ビタミンB1は単体では吸収されにくく、本来の力を発揮するには「アリシン」が必要なのです。「にんにく」のすごいところは、刻んだりおろしたりすると、このアリシンがたくさん出てくるところ。「にんにく」はビタミンB1とアリシンを同時に摂れる、『疲労回復』の優等生なんです。「にんにく」だけを食べるよりも、ビタミンB1豊富な食材と組み合わせて取り入れたほうが『疲労回復』効果は大。豚肉と「にんにく」の組み合わせは栄養面でも、味の面でも最強のコンビです。中華風の炒め物にしたり、とんかつ肉におろし「にんにく」を塗ってから揚げたり、アイデア次第で『疲労回復』レシピは無限大。火を通せば「にんにく」の刺激は抑えられますから、胃腸が弱い人でも大丈夫ですよ。ホスピピュア